立川市にある脳外整形外科クリニック リハビリテーション科のブログです。

鈴木慶やすらぎクリニック リハビリテーション科 理学療法士の中村です。

さて、今回は「腰椎椎間板ヘルニア」について説明したいと思います。

腰椎には椎骨と呼べる小さな骨が5つ連結しています。そして、その椎骨と椎骨の間に”椎間板”と呼ばれるクッションがあり、真ん中を”髄核”、外側を”線維輪”と言います。

腰椎の間にある椎間板と呼ばれるクッションの中の”髄核”が外に飛び出して、神経を圧迫している状態のことを言います。

あんパンに例えると、中のあんこが外側に飛びだした状態です。

椎間板には2つの役割があります。

脊椎にかかる負担をやわらげるクッションと、脊椎が動くことを可能にしています。

しかし、加齢、胸椎・股関節などの可動性低下、体幹筋力の低下、不良姿勢、不適切な動作、などが引き金となり、徐々に椎間板に負担がかかり”髄核”が外に飛び出していきます。

ヘルニアの分類

神経が圧迫されることで、痛み、痺れ、感覚低下、筋力低下を起こします。

また、疼痛を避けるために姿勢が変わったり、ヘルニアの部位・程度によっては尿漏れなどの膀胱直腸障害を引き起こします。

椎間板ヘルニアは、第4腰椎と第5腰椎の間、次に第5腰椎と第1仙椎の間に多いという報告があります。

男性の方が女性よりも椎間板ヘルニアになりやすく、20〜40歳代と働き盛りの年代の方に多いという報告があります。

腰椎椎間板ヘルニアのリハビリ

椎間板から外に飛びたしたヘルニアは、自然になくなることがわかっています。

ヘルニアが大きいもの、完全に飛び出たものは自然になくなることが報告されています。また、ヘルニアの小さいものでも、サイズの減少が認められています。

一般的な治療では、投薬、牽引療法、装具療法、徒手療法、運動療法が用いられます。

保存療法で効果が認められない場合、手術が検討されます。

当院では、腰椎椎間板ヘルニアに対して、投薬、物理療法、理学療法を実施しています。

急性期では、疼痛をコントロールするために投薬、物理療法、適切な動作のアドバイスなどを行っています。

理学療法では、まず、疼痛を誘発する動作、筋力・感覚低下の有無、腱反射などを確認し、画像所見と照らし合わせて問題となる部位に対して、関節モビライゼーション、神経モビライゼーションを実施していきます。

リハビリテーション科

関節モビライゼーションの1例

また、急性腰痛が生じることによって体幹筋力の低下、筋の萎縮が生じることがあります。その場合、筋力を改善するために、コアトレーニングなどを行っていきます。

さいごに

腰椎椎間板ヘルニアの発症には、生活習慣、不良姿勢・動作などが大きく関わっています。

腰痛の再発を予防するためには、生活習慣、不良姿勢・動作の見直しが大事です。

理学療法の効果が認められない場合、医師の判断と患者様の意志を基に手術を行うか決定していきます。

腰椎椎間板ヘルニアのリハビリを検討されている方、当院までお越し下さい。

(理学療法士 中村)

リハビリテーションを開始するには

医師の診察
まず始めに、医師の診察を受けます。
診断、リハビリテーション指示
医師がリハビリテーションを必要と判断した場合、リハビリテーションが開始となります。
リハビリテーション開始
理学療法士・作業療法士が患者様の状態を確認し、必要なリハビリテーション、頻度、期間を提案します。

鈴木慶やすらぎクリニック リハビリテーション科の特徴

立川市にある鈴木慶やすらぎクリニックでは、脳血管疾患、内科疾患、整形外科疾患、難病疾患と幅広い疾患に対応、リハビリテーションを実施しています。

立川市・国分寺市・東大和市・国立市から多くの患者様が来院されています。

理学療法士(PhysioTherapist: PT)7名、作業療法士(Ocupational Therapist: OT)1名、トレーナー4名(日本体育協会公認アスレティックトレーナー・NATA・健康運動指導士)が連携して、患者様のリハビリテーション、継続的な運動指導を行っています。。

小児から高齢者、スポーツ愛好家、アスリートまで、さまざまな患者様が来院されています。

・PT・OT・トレーナーが協力して患者様のリハビリを実施

・英語対応可

・広い運動スペース、充実した設備

・栄養士と連携して、生活習慣病・糖尿病患者の運動指導を実施

・運動教室の実施