立川市にある脳外整形外科クリニック リハビリテーション科のブログです。

まだまだ暑い日が続いていますね。
クーラーの風で、体調崩さないようにお気を付け下さい(ちなみに私は喉を傷めました)

本日は定期的に行うスタッフ同士の勉強会を行いました。
担当は、理学療法士 坂本です。

今回は、治療にあたる前の評価について、実技を交えて取り組みました。

理学療法を提供する前に、この評価をしっかりと行い、痛みやバランス低下などの症状がどのようにして起きているのか、
ある程度把握しなければなりません。
でなければ適切な治療は、難しくなってしまいます。

ちなみに僕は、理学療法を行う上で評価:治療を7:3くらいの割合で重要だと考えています。

評価の中で、患者様の訴えを聞く問診はとても重要であり、問題点を見つけるのにヒントとなります。
その為、患者様の主訴は、とても大事にしています。

もし何か痛みやふらつき、運動能力の低下などお困りの点がありましたら、一度当院で評価・治療を受けてみませんか?
スタッフが個別で評価をし、一人一人に合わせた理学療法、訓練メニューを提供いたします。

ぜひ、お気軽にお越しください。

それでは、夏バテしないよう残暑を乗り越えましょう。

理学療法士 坂本