立川市にある脳外整形外科クリニック リハビリテーション科のブログです。

おはようございます。
鈴木慶やすらぎクリニックリハビリテーション科の沢田です。

先にご案内していた『第4回やすらぎ体力測定会』は、多くの方々のご参加を賜り、実施することができました。
具体的に今回は、男性23名および女性77名、合計100名のご参加をいただきました。
内訳を見ると、過去4回全てにご参加くださった方が25名いらした一方、今回が初参加となった方も39名おられました。

これまでも明示してきたように、やすらぎ体力測定会の実施目的は、現在の身体の特徴を知ることで、健康増進への取り組みに対する意識付けを行っていただくことです。
今回ご参加くださった方々が、疾病改善・疾病予防・健康増進など様々な目的に応じた運動の重要性を理解し、不活動にならないよう運動習慣を継続してくださることを、期待しています。

一方、今回の体力測定では、サルコペニア、ロコモティブシンドローム、フレイル、骨粗鬆症に対する評価も行いました。
実施に先立ち、2016年11月4~6日に愛知で開催された『2nd Asian Conference for Frailty and Sarcopenia』および『第3回日本サルコペニア・フレイル研究会研究発表会』に参加し、そこで得られた知見を取り入れた形です。
今後、対象の方々に必要な情報提供あるいは適切な指導をするとともに、様々な形で広く情報発信もしていきたいと思っています。

沢田が担当している火曜日の体操教室では、前半に30分程度のミニレクチャーを行っているのですが、上述の情報提供の一環として、今後暫くはフレイルに関する情報提供を行っていく予定です。
また、体力測定会も、引き続き年に3回程度の頻度で催していきたいと考えています。
これらにご興味がおありの方は、当院リハビリテーション科までお問い合わせください。

(健康運動指導士 沢田)