立川市にある脳外整形外科クリニック リハビリテーション科のブログです。

前回に引き続き、今回はマリガンコンセプトLower Quarterの伝達講習をおこないました。

実際に復習しながら感じたことは、Upper Quarterは繊細にLower Quarterはダイナミックに。

Lower Quarterではセラピストの操作はUpper Quarterより難しく感じます。ベルトを使った治療では、

患者様の動きに合わせて、関節面・glideを考慮しなければいけないため、マリガンを用いた治療部位の

選択・治療法によっては自分が運動しているような錯覚を覚えます(笑)

力の弱い方や小柄のセラピストは患者様の転倒リスクも考慮しなければなりません。

 

今回の講習を受けて、臨床での治療の幅が飛躍的に広がったように感じます。

本年度は東京でマリガン認定試験も行われるようなので、試験に向けて勉強を続けたいと思います。

 

理学療法士 碇谷