立川市にある脳外整形外科クリニック リハビリテーション科のブログです。

おはようございます。
鈴木慶やすらぎクリニックリハビリテーション科の沢田です。

4月17日夜から18日朝にかけて、関東地方は大雨・強風に見舞われました。皆さまが何らかの被害に遭われていないことを願って止みません。
18日の8:15分現在、立川市では雨風ともに治まり、曇天の中ですが空は明るくなってきました。しかし、東京地方はこの後気温が上がっていくことが予報され、3日連続の夏日となることが見込まれています。

昨年、8月1日(『熱中症①』)9月28日(『熱中症②』)の2回に分けて、熱中症に関して情報提供を行いました。今年度の環境省熱中症予防情報サイトでの暑さ指数(WBGT)の情報提供は2017年4月20日からを予定しているとのことで、まだ警戒はされていませんが、今日のような条件では、熱中症のリスクが高い状況と考えられます。
熱中症予防の観点では、体が暑さに慣れる(暑熱順化する)必要もありますが、季節の変わり目のこの時期はどうしても油断してしまいがちです。「熱中症は夏のもの。春のこの時期には関係ない。」などと考えず、健康維持のための意識を持っていただきたいと思います。

『熱中症②』でも触れたように、熱中症予防のためには、適切な水分補給・温度管理をするとともに、運動をすることが重要となります。是非、春の陽気の中クリニックに足を運んでいただき、一緒に運動をしましょう!

(健康運動指導士 沢田)